お金を借りない、事業資金の集め方

会社の運営には十分な事業資金が欠かせません。

商品を作る為にお金を投資して、商品を売って投資したお金を回収する、この流れの通りならお金が不足することは無いと考えられます。しかし、会社同士の取引では掛取引や手形取引などを用いて支払いを先延ばしすることがあります。

商品が売れても即座に現金が振り込まれないので、一時的に事業資金が不足する事態に陥ります。このような事態に備えて、経営者は事業資金の集め方を考えておく必要があります。

事業資金が不足したら、銀行などの金融機関を利用してお金を借り入れるのが一般的です。しかし、金融機関でお金を借りるのは会社の信用に傷が付くことがありますし、そもそも貸し出し審査に通らないとお金を借りることができません。

金融機関を利用しない場合、ファクタリングや手形割引といったサービスを利用するのが良いと考えられます。ファクタリングは売掛金債権を譲渡する代わりに即座に現金を調達できるサービスです。

売掛金債権の金額や取引方法によって手数料を支払うことになります。実際に受け取れる金額は売掛金債権の80~95%程度になるので、いくらか損することになります。

ファクタリングは専門業者が提供するサービスで、最短2~3日で現金を調達できます。手形割引もファクタリングと同様に受取手形を譲渡することで現金を調達できます。手数料を支払うのも同様です。

手形割引は銀行と専門業者が提供しているサービスです。銀行の方では手続きに日を要することがありますが、専門業者なら現金を調達するのにそれほど時間は掛かりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *