事業資金を借りたいときはどうする?

事業資金を借りたいときは、銀行をまずは検討しましょう。

基本的には黒字営業であることがほぼ絶対条件です。節税のためにわざと利益を少なくする工夫をしている場合などには例外的に審査に通ることがあります。中小企業は地方銀行のほうが借りやすいでしょう。

信用金庫は地方銀行よりもさらに地域に密着した金融機関なので、相談にのってもらえる可能性が高いです。銀行では最低でも3年程度は事業を継続していて、安定した経営をしていることが重要になります。

事業の継続年数が1年程度の人は、消費者金融のほうが借りやすいはずです。ノンバンク系のビジネスローンなどと言われています。ビジネスローンは基本的には事業資金にしか使えませんが、生活費として利用をすることを認められていることもあります。

個人事業主の人は銀行では基本的に借りられないので、ノンバンク系のビジネスローンしか選択肢がないかもしれません。信用金庫ならば個人事業主の人でも相談にのってもらえることがあります。

消費者金融は借りやすいとはいっても、やはり赤字経営では難しいです。そのほか、経営者の個人信用情報も見られるということに注意をしましょう。会社の信用があっても経営者が過去に自己破産をしている場合などには審査に落ちる可能性が高いです。

事業資金を借りたいとき、まずは銀行を検討しましょう。審査に通らない場合に、ノンバンク系も検討するべきです。ノンバンク系は手軽に借りられますが、金利が高いので多額の資金を借りることには向いていません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *