事業資金の管理は経営者の代表的な悩みです

事業資金の不足は経営者にとっては頭を悩ませる問題の1つです。

事業が不調の場合にも発生しますが、好調な場合にも発生することがありますのでどのような経営者でも想定していなければならない問題です。例えば非常に大きな仕事を行うことができた場合、その準備の為にも大きな資金が必要となります。

ものづくりの会社であれば材料費を立て替えなければなりませんし、サービス業であれば人件費を支払う必要があります。しかしながらそれらの商品やサービスの提供から対価の入金までには一定の期間があくというのが大方の契約内容になります。

経営が順調であっても発生する資金繰りの問題としては上記のようなケースが考えられます。これが長期的な問題になるようであれば大きな問題につながりますが、短期的な問題として発生する場合にはいくつかの対応策を検討しておくのが良いでしょう。

あらかじめ銀行から融資を受けられるように準備しておくのも1つの方法ですし、売掛債権を現金化するファクタリングについて検討しておくのも1つの方法です。

いずれにしても現金が必要な時期に用意できなければ黒字でも倒産することがありますので注意が必要です。このような事業資金のコントロールが経営者の責務であり、気をつけなければならないことなのです。

そのため事業資金が不足しないように常に調達することができる手段を用意しておくことが大切になります。その方法は1つでも多く用意しておくことが安定した経営につながっていくものであると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *