個人向けのローン商品で事業資金を借り入れられるのか

事業資金の調達を目的に個人向けローン商品を利用できるかどうかは、金融機関や貸金業者ごとに対応が異なります。

まず、金融機関については大抵の所で事業者向けのローン商品があるので、個人向けローンをつかった事業資金の調達は認めていないところが多いです。

実際に商品の内容を比較しても、事業者向けローンは個人向けのものより融資可能額や金利などにおいて優れていることが多いので、素直に事業者向けの融資商品を選択して資金調達を目指した方が良いでしょう。

一方、貸金業者の場合は事業者向けの商品が用意されているところでは金融機関と同様の対応がとられている所が多いですが、個人向けのローン商品のみに絞って営業を行っている業者の中には事業資金の借り入れを可としているところがあるので、その中から業者を探して申し込むと良いでしょう。

貸金業者から事業資金の融資を受ける場合は、本人確認書類や収入証明書類だけでなく、事業計画や資金計画について説明した文書など、使徒を証明することができる書類の提出を求められるので、申し込む前にきちんと作成しておきましょう。

なお、上記とは逆に生活資金としての利用ができる事業者向けローンを展開する貸金業者も存在します。

個人向けローンを利用して事業資金の調達を目指すか、事業者向けローンを申し込んで生活のためのお金の確保にも利用するかは、ローン商品の内容をよく調べた上で結論を出し、申し込むようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *