様々ある事業資金の調達方法

事業を継続、拡大していくためには資金の確保は重要な課題です。

資金が潤沢であれば問題がありませんが、大きな案件をこなすほど支払いが遅れることもあり、事業資金を取引先からの支払い以外で確保しなくてはならないこともあります。そのようなときにまず検討しておきたいのがビジネスローンです。

ビジネスローンは銀行以外にも消費者金融などのノンバンクから借りることができます。中にはカードローンとほぼ同じような商品設計のものも多くあります。短期間で返済をすれば利息負担も少なくなり、負担を抑えて事業資金を確保することができるでしょう。

金利は契約する商品や信用力によって異なりますが、いつでも使えるように契約だけでもしておいて損はしません。個人事業主の場合はカードローンを事業資金の確保源として利用することもできますが、ビジネスローンのほうが借り入れ条件が良くなる傾向にあります。

ローンを組むのが困難な場合は売掛債権を譲渡する方法があります。これはファクタリングと呼ばれるもので、売掛債権を買い取り専門業者に買い取ってもらうことで、早期に売掛金を現金にする方法です。

借金ではないため長期の返済計画を立てる必要もありません。しかし短期的にみると手数料が高額になることもあります。材料の入荷などをクレジットカードに頼るのも維持知的な措置としては有効的です。

クレジットカードでは支払いが翌月、もしくは翌月月になるため、それまでに入金が期待できるのであれば最も負担が少ないでしょう。事業資金

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *