事業資金を調達する方法とは

事業資金を調達するためには、一般的にビジネスローンを利用します。

多目的ローンは用途が幅広いですが、用途が完全に不問というわけではありません。キャッシングやカードローンの用途を見るとわかりますが、事業資金は除くと記載されていることが多いです。

消費性資金とはみなされないため、融資条件から除外されているわけです。ビジネスローンは総量規制の対象外ですし、有担保タイプなら低金利で借りることができます。一般のキャッシングやカードローンでも、用途が完全に不問なら事業資金として借入できます。

事業資金は除くという記載がなければ、借入できる可能性が高いです。ただし最終的に金融機関側の裁量で審査結果が決まるので、借入できない可能性はあります。事前に金融機関に問い合わせて、事業目的で借入できるか聞いておくのがよいでしょう。

希望額を伝えた上で、いくらまでなら借入できそうか聞いてみるのもよいです。例えば100万円だと厳しいと言われた場合は、それよりも少なくする必要があります。

ビジネスローンにも言えることですが、初回融資は少ない金額からスタートします。価値のある担保を有している場合などを除いて、最初から高額を借りることは難しいです。

50万円以下からスタートすることも多いので、無理をしない借入をしてください。返済が厳しくなる人の共通点として、借りすぎにより利息の支払いが厳しくなることがあります。安全に借入をするためにも、少ない金額での借入がおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *