事業資金を借りたいときはどうする?

事業資金を借りたいとき、銀行が一番に選択肢にあがるでしょう。

しかし、大手の銀行は基本的に大企業を取引相手としています。地方銀行なら中小企業でも借りられる可能性がありますが、審査は厳しいです。事業資金を借りるときに重要になるのが、事業実績です。

まだなんの実績もない状態で、開業資金を融資してもらうことはかなり難しいです。例えば、サラリーマンをやっていた人がラーメン屋を始めるという場合には、基本的には手持ちの資金を出さなければならないでしょう。

開業資金を融資してもらうときには、信用金庫なら相談にのってくれる可能性があります。サラリーマンとして働いていたときから取引があって、信用を獲得している場合には貸してもらえる可能性もそれなりにあります。

基本的には、事業を3年くらいは継続して、ある程度安定して収入が得られるようになってからでなければ、銀行で事業資金を借りることは難しいです。少額の事業資金を借りるだけなのであれば、消費者金融も選択肢にあがります。

ノンバンクと言われている金融会社であり、審査は銀行よりも柔軟になっています。用意する書類も少なく、融資までにかかる時間も短いです。

最大のデメリットは金利が高いということですが、それ以外の部分ではむしろ銀行よりもメリットが大きいでしょう。担保なしで借りられることも特徴です。土地や建物などの担保だけでなく、連帯保証人という人的担保も不要です。ノンバンク系のローンも検討してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *