銀行ではない金融機関、「ノンバンク」

ノンバンクというのは銀行ではない金融機関という意味です。

ということで、ノンバンクとして最も多いのはいわゆる消費者金融ということになるでしょう。消費者金融は、自身の信用度をアップさせることを目的として、いかにも自身が銀行の一員であるかのように宣伝していることもありますが、例えばどこかの銀行グループと言っていてもそれは関連会社の一つという意味に過ぎず、銀行なのか銀行ではないのかと言われれば銀行ではないことが普通です。

ただし、世間では消費者金融であるかのように思われていても、それは思い違いで実は銀行そのものだったというケースもあるにはありますから、単に名称の響きやイメージだけでノンバンクかどうかを判別するのは誤解の元です。それはともかくとして、業務では一般的に消費者金融は個人向けに、比較的少額で、担保や保証人が不要の融資を取り扱っています。これに対して銀行は個人を対象とすることももちろんありますが企業を対象とすることも多く、個人であっても住宅ローンなど比較的高額の融資も取り扱います。

そして担保として不動産が求められたり、あるいは保証人を立てることが求められることもあります。これが住み分けの姿だったのですが、最近では銀行も消費者金融と同じように個人向けで無担保、無保証人の融資を取り扱うことも多くなってきています。このため余計に両者の区別がつきにくくなってしまっていることは事実かもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *