ノンバンクは返済能力に合わせて活用を

ノンバンクを活用するなら、返済能力を明確にしておく必要があります。

金融機関のWEBサイトにある返済シミュレーションが便利なので活用してみましょう。返済能力は自分が返済できると考えている金額より少なく見積もっておく必要があります。例えば毎月5万円くらいなら返済できると考えている場合、実際には5万円だと厳しいことが多いです。3~4万円にしておくのが無難なラインですが、詳しい返済額は自分で詰めていくしかありません。

返済能力を超えて借りてしまった場合は、いずれ返済できなくなります。ノンバンクは追加融資を受けられますし、利用限度額の範囲で繰り返し使える性質があります。そのため債務超過に陥っても気づくのが遅くなりやすく、本格的に気づいたときは完済不可能になっているケースは多いです。もし返済能力を超えた借入をした場合は、収入を増やすしかありません。もし収入を増やすことが無理なら、低金利ローンに乗り換えするのが得策です。

ただしノンバンクの金利はどこも大差はないので、極端に低金利になることはないと考えてください。例えば18.0%で借りている場合、他社で10.0%で貸してくれるようなケースはほとんどないです。ノンバンクの金利は15.0%以上になるのが普通で、これよりも低ければ低金利と考えてよいです。低金利で借りるためには銀行がおすすめですが、融資のハードルが高くなっています。少額融資はノンバンク、高額融資は銀行や信金などと分けておくとよいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *