ノンバンクは安全なのか

ノンバンクの安全性は、基本的には問題ないものです。

しかし、銀行や信用金庫以外の金融機関全体を指す言葉なのでその対象は幅広く、信用性に難のある金融機関がないとは言えません。色々なところで宣伝を見かけたり、支店が多い有名なところであれば問題を起こすとすぐに口コミで広まってしまうので信用性は高いです。探さなければ見つからないような中小の場合、問題を起こしていても利用者が少ないので分かりにくいため、注意した方が良いでしょう。

中小のノンバンクを利用するときの懸念点に、返済ができなくなったときに違法な取り立てを行われる不安が挙げられますが、それよりも重大なものが闇金融の存在です。倒産したノンバンクの名前を使って営業していることもあり、騙されてしまうと脅迫紛いの取り立てが行われる危険性もあるので、聞いたことのないノンバンクと契約する場合は事前に確認が必要です。正規のノンバンクであるか確認する場合、登録されている金融機関であるか調べますが、このときにサービス名ではなく会社名で検索をかけましょう。

この2つが異なっているところもあり、サービス名で検索しても見つからないので、実際には登録されているのに闇金融だと口コミが広まっている金融機関もあります。検索で見つかった場合も、それだけで安心するのではなく、登録情報が全て利用しようとしているところが掲示している情報と一致していることまで確認します。相違点がある場合には闇金融の可能性があるので利用しない方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *