ノンバンクの代表格は消費者金融

ノンバンクの中で最も利用者が多いのは消費者金融で、いわゆるサラ金のことです。安定収入のある人、つまりサラリーマンを対象にしたローンという意味です。

現在はサラ金と呼ぶことは少なく、消費者金融やキャッシングなどと読んでいます。ノンバンクの特徴として借りやすさがあり、消費者金融はお金に困ったときに味方になってくれます。数万円なら飛び込みで借りに行っても融資してくれることが多く、10万円くらいならハードルは低いです。昔の消費者金融よりも融資額は減っていますが、これには借りすぎ防止の側面があります。用途不問のローンは使いすぎに陥りやすいため、総量規制による縛りを受けています。年収の3分の1までしか借りることができませんし、初回融資は年収の1割くらいになることが多いです。

年収400万円だと本来は100万円以上の借入ができるはずですが、初回契約では30万円くらいになるのが普通です。ローンにおける信用力は契約年数に比例して高くなっていくため、契約段階では低い状態にあります。ノンバンクはスピーディーな融資を売りにしており、最近はWEB完結できるローンが多いです。来店なしで契約できるので気楽ですし、借入・返済も提携ATMが使用できます。コンビニATMに対応しているノンバンクがほとんどなので、時間帯に関係なく借入できます。お金に困ったときにノンバンクローンがあると便利なので、万が一に備えて1枚作っておくのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *