個人ならビジネスローンとファクタリングならどっち

事業の資金繰りをしたい時はビジネスローンを選ぶ方が大半です。

事業のための資金に充てる目的で借りる金融商品で、銀行などの金融業者が貸付を行っています。これに対して最近はファクタリングも注目されてきています。ファクタリングは売掛債権のことです。企業やサービスや商品を販売して利益を受けた時に、利益をファクタリング会社に売却することで事業資金を調達します。ビジネスローンは貸付なのに対して、ファクタリングは買取りという違いがあります。

貸付では返済毎に利息を付けて元金を返していかなくてはなりませんが、ファクタリングは買い取りの際に手数料を支払って取り引きは終了です。ただし金利面では決して低いわけではありません。また、譲渡する売掛債権がなければ利用することはできませんし、個人事業主との取り引きはNGとしているファクタリング会社がほとんどです。そうして考えると個人事業主はビジネスローンを利用することになります。

審査はありますが、ノンバンク系なら甘いので赤字決算や税金未納などの大きな問題がなければ審査に通過するのは難しくありません。最短で即日融資が可能、担保不要、事業計画書などの提出は不要などのメリットがあります。ただ、融資期間がある、限度額があるなどのデメリットもあるので複数社のローンを比較して決めるのがいいでしょう。状況によってビジネスローンとファクタリングのどちらがいいのかは異なります双方の特徴を理解して選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *