ビジネスローンとカードローンの違い

ビジネスローンでもカードローンでもお金を借りることができますが、通常のカードローンを事業性資金として利用することは禁止されています。

しかし金融機関が借りたお金を何に使っているかはいちいちチェックしていないため、通常のカードローンを事業に利用したからと言って問題になることはありません。短期的に少しお金が必要になるくらいであれば、わざわざビジネスローンを組むよりも、すでに契約しているカードで解決したほうが楽ではあります。

しかし事業を営んでいて長期的に借りる予定があるのであればビジネスローンを契約しておいたほうが、税金面で有利になります。お金を借りると毎月利息の支払いが発生しますが、ビジネスローンの場合は利息負担を経費として計上することができるからです。税負担が軽くなることで返済にも余裕が生まれるでしょう。

通常のカードローンの利息を経費にすることはできません。通常のカードローンの利用は生活決済に利用していることが前提ですので、事業性がないからです。消費者金融のローンの場合は、ビジネスローンは総量規制の対象外となるため、年収の3分の1以上の借り入れができる可能性もあります。

まとまった金額での契約になれば金利が引き下がることもあるので、借り入れそのものの負担も少なくなります。通常のカードローンのおまとめ先としても利用することができます。限度額は金融機関の判断によって決まるため、長く利用して信用を築いていくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *