ファクタリングのメリットとは

ファクタリングとは、サービスの提供が終了しているにもかかわらず相手先の都合によってその料金が支払われていない売掛金をファクタリング業者が買い取り、キャッシュ化すると言う仕組みです。

一般的な企業間取引において利用されるのは勿論ですが、公的保険によって補助金が支払われる医療、介護事業においても利用されることが多い仕組みです。保険者に請求してから、実際に補助金が支払われるまでには期間があるのですが、この仕組みを利用すればその期間を短縮することができるためです。ではファクタリングのメリットにはどのような点が挙げられるかと言うと、まずひとつには審査が必要ないと言う点が挙げられます。

資金調達のひとつである金融機関からの融資の場合、利用するにあたって審査が必要になることが多いです。そしてその結果によっては利用を断られると言うこともありますが、ファクタリングの場合は審査は必要ないので、企業と取引相手間で契約さえ結ぶことができれば利用することが可能です。それから返す必要がないと言うのもメリットです。融資はお金を借りているわけですから、必ず返済しなければいけません。

ですがこの仕組みは、発生している収益の一部を前倒しで入手すると言う仕組みなので、返還の必要はありません。また当然、金利も発生しないと言うのもメリットです。そして融資の場合、それは債権と言う扱いがなされます。よって財政の健全化を目指す場合、あまり効果的とは言えないと言う側面があります。ですがファクタリングは収益と言う扱いなので、財政の健全化にもとても効果的な仕組みです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *