ファクタリングのデメリットとは

ファクタリングとは資金調達法のひとつです。

簡単に言うとサービスの提供が終了しているにもかかわらず、取引相手先の都合により支払いが済んでいない売掛金をファクタリング業者が買い取り、キャッシュを支払うと言う仕組みです。融資に比べると利用するためのハードルが低い、また利息などが発生しないと言うメリットがあるため利用されることも多いですが、デメリットもあるので注意が必要です。ではどのようなデメリットがあるかと言うと、まず手数料が必要であると言う点です。いくらくらいの手数料が必要なのかと言うのは、業者や財政の状態、企業の規模により異なります。

ですが手数料が発生すると言うことは、本来、手元に入ってくるはずのキャッシュからその分が引かれてしまうと言うことです。キャッシュが通常の手続きを踏むよりは早くに手元に入ってくると言うメリットが発生する代わりに、その金額が低くなってしまうと言うことです。それからもうひとつは、債権譲渡登記が必要になることもあると言う点です。債権譲渡登記が必要な場合、ファクタリングを利用することが取引先に明らかになってしまいます。

すると取引先には、この仕組みを利用するのが必要なくらいに財政がひっ迫しているのだと判断され、その後の取引などに影響が出てくる恐れも否定はできません。そして最後は、ファクタリングは法人しか利用できないと言う点です。融資は個人でも利用することができます。ですから会社などを立ち上げていなくても、個人でネットなどを通じてサービス提供などを行っている人でも利用可能です。しかしファクタリングは法人のみですから、こうした場合には利用することができないと言うのもデメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *