ファクタリングと銀行からの融資の違いとは

サービスを提供している事業所が資金を調達するための手段には様々な種類があります。

ファクタリングと銀行からの融資もそのひとつです。ただしこのふたつには様々な違いがあります。まずファクタリングは、サービスの提供は終了しているにも関わらず、相手方の都合によって料金の支払いが済んでいない部分をファクタリング業者が買い取り、キャッシュを支払うと言う仕組みです。一方、銀行の融資は、銀行からお金を借りると言う仕組みです。

ですから根本として、前者はあくまでも発生することが確定している収益を買い取ってもらうことで先取りする仕組みである、後者は収益云々と言うことは関係なく、お金の貸し借りと言う仕組みであると言う違いがあると言えます。そしてまず実際に手元にキャッシュが入ってくるまでにかかる時間についてですが、ファクタリングの場合は数日、早い場合にはその日に現金が支払われると言うことが多いのが一般的です。対して銀行からの融資の場合は、ある程度の時間、だいたい1ヶ月くらいは見ておいた方が無難とされています。

これは銀行からの融資を受けようと言う場合には、様々な書類を揃える必要があること、また銀行側からの審査を受ける必要があることも関係しています。次にこのサービスを受ける際にかかる費用ですが、ファクタリングの場合は手数料が発生するのが一般的です。銀行融資の場合も手数料が発生することもあります。また融資に対する金利も発生するので、この点も違いのひとつとして挙げられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *