ファクタリングとは~介護、医療に関係がある

日本は公的な保険制度が充実している国です。

介護保険は一定の年齢を迎えた人であれば加入する義務が発生しますし、医療保険は誕生した時から加入する保険です。こうした保険はほとんど強制保険ですので、保険料を支払う金銭的な負担が発生します。しかしたとえば介護保険であれば、介護サービスが必要になり、実際にそれを利用した際には、この保険によって料金の一部が負担されます。医療保険にしてもこれは同様です。こうした制度は被保険者にとってみれば、金銭的な負担を減らすことができるものです。

しかし一方で介護サービスや医療サービスを提供している側にとってみると、窓口で支払われる料金が少ないと言うことです。勿論、窓口で支払われなかった利用料金の一部は、介護事業者や医療事業者が保険者に請求することで、きちんと支払われます。ですがこれは請求の申請をしたからと言ってすぐに支払われるものではなく、支払われるまでには一定の期間が必要です。そのため介護事業所や医療事業所においては、その期間内に財政が悪化してしまうと言うこともあります。

そこで利用されることが多いのがファクタリングです。ファクタリングは、サービスの提供が終わっているにもかかわらず事情により支払いがされていない債権をファクタリング業者が買い取り、介護、医療事業者にその分の料金を支払うと言うシステムのことです。このシステムを利用すると、本来、支払われるまでに一定の時間を要する料金が即座に支払われると言うメリットを得ることができます。ですからファクタリングは、介護事業者や医療事業者にとっては重要なシステムだと言うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *