ファクタリングのメリット、デメリットについて

ファクタリングとは、介護、医療事業において利用されることが多いシステムのことです。

介護、医療事業においては、利用者はその料金を全額、支払う必要はありません。一部だけ窓口で支払い、残りの部分に関しては公的な介護保険、または公的な医療保険で補助されるためです。そしてサービス事業所は、窓口で支払われなかった残りの料金を各保険の保険者に対して請求します。ただし実際に保険者から残りの金額が支払われるのは2ヶ月後です。ファクタリングは、ファクタリング業者が支払いのされていない債権を買い取ることで、事業所にキャッシュを支払うと言うシステムです。

よってこのシステムを利用することで、キャッシュが支払われるまでの2ヶ月と言う時間を短縮できるメリットがあります。それからサービスの提供は終了しており、相手方の都合により支払われていない収益をキャッシュ化すると言う仕組みなので、融資などとは異なり返済の必要がない、利息も発生しないと言うのもメリットです。

ただしデメリットとしては、2ヶ月後に入ってくるはずのキャッシュを先取りするような仕組みなので、当然、2ヶ月後に入ってくるキャッシュは減ってしまうと言う点が挙げられます。そのため計画的に利用しないと、経営が悪化していってしまう可能性もあります。それから利息は発生しませんが、手数料は発生してしまいます。ですから本来、入ってくるキャッシュよりは手数料分、低い金額になってしまうと言うのもデメリットと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *