二社間ファクタリングが活用される事情

ファクタリングとは売掛金の権利を譲渡することにより資金調達を行う方法の一つです。

主に中小規模の企業が事業資金の調達に困った際に利用することが出来る、最後の手段の一つとして知られている金融サービスです。売掛金の譲渡ですのでファクタリングを行う業者にとっては一定のリスクが存在しています。売掛金は現金ではありませんので入ってこないリスクが存在していますので、信用に応じた手数料を必要とすることが多いため、デメリットも多い仕組みです。しかしながら現金が必要な時の最終手段としては一定の評価があるのも事実です。

いざという時のために知識としては持っている経営者が少なくありません。そんなファクタリングには自社とファクタリング業者だけで対応する二社間ファクタリングと呼ばれる仕組みが一般的に利用されています。このサービスを利用しているということを対外的に知らせることは、自分の会社がお金で困っているということを露呈するだけの結果になってしまいます。

そのためなるべく面には出したくない情報であると言えます。そのため売掛債権先の企業などに情報提供すること無く契約することが可能な二社間のサービスが選択されるケースが増えてきています。三者間契約というものも存在しており信頼関係が高まると言えますが、相手方の企業に不信感を持たれたくないと考える多くの企業は、二社間ですべて処理してしまうことで対外的には問題が無いかのように振る舞うことが出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *