カードローンの申し込みの流れとは?

カードローンの申し込みをする際に、実際の手続きの流れはどのようになるのでしょうか。

現在はカードローンの申し込みや契約にわざわざ来店したり電話をする必要は、ほぼありません。インターネットで申し込みできることがほとんどです。まずは個人情報の入力を行います。

最初から詳細を入力する場合と、仮審査があり簡単な項目のみ入力する場合があります。仮審査で聞かれる項目としては、「年齢」「性別」「年収」「他社借り入れ金額」の4点が基本です。これがわかれば融資が可能かどうか、いくらぐらいまで可能かわかるものです。

そして実際の契約では、申し込み時に申告したことに嘘がないか証明することになります。運転免許証や健康保険証を提出することになりますが、カードローン専用アプリを使って本人確認書類を写メしてアップする方式が主流です。

借り入れ金額が大きい場合は、収入証明書が必要になります。給与所得の源泉徴収表で代用できるところもあります。またこの際に各消費者金融が利用している信用情報のチェックが行われます。

他社の借り入れ金額など跳ね上がって、この時点で即わかります。また過去に返済が遅延した事実があれば、一定期間は借り入れできなかったり、申し込みをした金融機関が審査決定するのです。

そしてお金を受け取る方法ですが、消費者金融だと無人契約機を用意しているところも多くローンカードを受け取りに行き、あとは自由に引き出しができます。

また銀行だと、指定の口座に振り込みをしてもらえる場合もあります。どちらも難しい場合は、郵送でローンカードの受け取りとなり、一週間程度かかるので注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *