カードローンの種類とは

カードローンは大きく3種類に分けられます。

銀行が提供しているもの、消費者金融が提供しているもの、信販会社が提供しているものです。銀行カードローンはメガバンクやインターネット銀行が提供しており、低い金利と限度額の高さが特徴です。

消費者金融系カードローンは、銀行に比べると金利が高めですが、少額からでも融資が可能となっています。信販系は実店舗が無いデメリットがありますが、提携ATMが多いため利便性に優れています。

限度額や金利も信販会社によって、かなりの差があるため、自分に合った会社で借り入れができます。次に総量規制ですが、銀行系のローンは対象外です。しかし、消費者金融と信販系のローンは対象に含まれてしまいますので、年収の3分の1を超える融資は受けられません。

カードローンを選ぶときには、どの程度の融資を受けたいか、金利設定はどのくらいかなど、自分の状況によって探しましょう。審査時間は銀行が長く、審査基準も厳しいと言われていますが、最近ではパートやアルバイト、年金受給者でも利用できるローンが増えています。

過去に自己破産などの債務整理や延滞した経験が無く、月々安定した収入があれば、問題なく利用できるでしょう。もっと手軽に借りたい場合は消費者金融です。

銀行カードローンと比較すると、金利は高くなりますが、即日融資が受けられます。そのためには指定銀行口座が必要であったり、Web完結で申し込むことが条件とされます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *