主婦がカードローンを利用してお金を借りる時には

主婦がカードローンを利用してお金を借りる時は、どのような点に注意するべきでしょうか。

まず主婦といっても、パートなどで自分の収入がある場合と、専業主婦で配偶者名義で借りる場合の2通りがあります。自分の収入がある主婦は、自分名義での申し込みができますが、その時はその収入額に見合った借り入れ額になります。

もしパートなどの収入が少なく、希望する額を借りられそうもない時は、配偶者の名義で借りることもできます。専業主婦の場合は自分の収入がありませんので、当然配偶者名義で申し込むことになります。配偶者名義でカードローンを申し込む時は、本人確認や収入証明はもちろん配偶者のものを準備します。

また、申し込み用紙やフォームにも、配偶者の個人情報を入力します。そして気を付けておきたい点として、配偶者の信用情報にブラックがある時は、お金の借り入れはかなり難しくなることがあります。

また、消費者金融を利用する場合は総量規制があります。これは、年収の3分の1に当たる金額を借り入れの際の限度額とするものです。配偶者の名義で借りる時は、この限度額の中から借りるため、事前に配偶者の同意が必要になります。

しかし、配偶者に内緒で借りたいという時もあるでしょう。その場合は、銀行のカードローンを利用するのがお勧めです。銀行には総量規制がないため、事前の同意も必要ありませんし、また、年収の3分の1にこだわらず希望の金額を設定することもできるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *