売掛債権担保融資を実現するために

売掛債権担保融資は、まだ未収となっている売掛金を担保にお金を借りる仕組みです。

ABLと略されることもあります。売掛債権担保融資は売掛金を前倒して現金化することができる上、まとまった金額の資金調達が可能になります。売掛債権担保融資を扱っている金融機関は、銀行と貸金業者のみです。

それ以外の会社は免許を持っていないので扱うことができません。銀行と貸金業者の違いはカードローンの違いと同様に、銀行は審査が厳しい分金利が低く設定されやすく、貸金業者は銀行と比較するとハードルが低い分、金利が高くなる傾向にあります。

赤字決算や税金の滞納があると契約ができない場合もありますので、資金繰りが大きく悪化する前に行ったほうがよい資金調達方法でしょう。事業の内容も大きく評価されることになりますので、取引実績がわかるような書類は早めにまとめておき、すぐに提出できる準備をしておいたほうが良いです。

面談が必要になることも多いため、人柄も融資実行への判断基準となることがあります。

しっかりとした服装や言葉遣いを気を付けるようにしましょう。ABLは資金繰りの悪化を防ぐ時だけでなく、これから新しい事業への投資として資金を集めたいときにも有効な手段ですが、売掛債権を譲渡するファクタリングと比較すると債権の最低金額が高額になることもあるため、中小企業の経営者にとっては利用しにくい場合もあります。

少額の資金繰りをするのであれば、カードローンやビジネスローン、ファクタリングを利用すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *