売掛債権担保融資を活用しよう

売掛債権担保融資は企業のキャッシュフローが悪化した際に効率的に利用できる融資の方法です。

売掛債権を担保とすることで自らが返済を行えなくなった場合に売掛債権を債権者に譲り渡すことでその回収の権利を相手方に提供することになるため、万が一の場合にも安心して利用できる融資の仕組みとなっているものです。

しかし売掛債権担保融資の場合には融資を受けることのできる金額は売掛債権から手数料などを差し引いた金額となることが多く、さらに返済額が売掛債権の額面の金額と同じになることが少なくありません。

そのため単純には正当に売掛債権を回収する場合に比べ手にすることのできる現金が少なくなってしまうと言う問題があります。加えて一時的にキャッシュフローは改善しますが本来売掛債権の期日に入金される現金が入手できなくなることからその後のキャッシュフローのあり方について十分に検討する必要があるのです。

売掛債権担保融資を利用する代わりにファクタリングと呼ばれる売掛債権を売却する方法を利用することも少なくありません。この場合には売掛債権担保融資に比べさらに入手することのできる現金の金額が少なくなってしまうことも多いのですが返済の義務がないため売掛債権の相手の企業の状態にかかわらず効果的に利用することができるのがメリットとなります。

ファクタリングと売掛債権担保融資をその目的や状況に応じて効率的に使い分けることが、会社の状態を効率的に再建するために非常に有効な手段と言えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *