売掛債権担保融資の特徴

売掛債権担保融資はよくファクタリングと混同されますが、全く別のものです。

ファクタリングでは売掛金を買取してもらいます。受取手形は手形割引を利用してすぐに現金化できますが、ファクタリング業者は受取手形も買取してくれます。手形割引は不渡りのリスクがあるので、ファクタリングのほうをおすすめしているサイトもあります。

しかし、手形割引のほうが手数料が安くなる傾向なので、一概にどちらが優れているとは言えません。一方の売掛債権担保融資はその名の通り売掛債権を担保にして融資をうけるものです。

売掛債権には売掛金と受取手形の2種類がありますが、売掛債権担保融資ではその2種類のどちらも担保にすることができます。売掛債権を担保に入れるという点以外はフリーローンとほぼ同じです。

金利は担保なしのフリーローンよりも担保融資のほうが低くなる傾向ですがケースバイケースです。カードローンのように限度額の範囲内なら何回でも融資を受けられるというタイプではありません。

分割払いで毎月決まった金額、決まった回数返済していくという点ではフリーローンに似ています。フリーローンとの違いは担保があるかないかです。借りられる金額や金利は売掛債権の信用度によって変わります。

売掛債権担保融資を利用しても取引先に融資をうけたことを知られることはありません。ファクタリングでは取引先に知られることがあるので、絶対に取引先に知られたくない場合には売掛債権担保融資のほうが安全です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *