売掛債権担保融資を詳しく解説

売掛債権担保融資とは、売掛債権を担保にした融資のことですが、これでは十分な説明になっていないでしょう。

売掛債権とは何か、どうしてそれが担保になるのかを説明しないといけないはずです。売掛債権というのは、何かの商品を売った際に、後でその代金を支払ってもらえる権利を指します。

常識的な感覚では、何かの商品を売ったのであれば、後ではなくその場で代金を払ってもらえるのではないかと思われるかもしれません。ですが、一般の消費者的なこの感覚は特に会社間の取引では通用しません。

会社間の取引においては、何か商品を購入した場合でも納品されたその場では代金を支払わず、まずは請求書などを発行してもらってそのあとで会社の経理部門で処理され、銀行口座にお金が振り込まれるのは納品から2か月後などということがむしろ当たり前です。

これは決してそのお店をいじめているわけではなく、一般的に行われているものです。となると、商品を売ったほうとしては、売れたにも関わらず代金が入ってこない時期が発生してしまいます。これは会社の経営上決して嬉しいことではありません。そこで考え出されたのが売掛債権担保融資です。

この売掛債権担保融資では、いずれ代金を払ってもらえる権利を担保にします。お金を融資する側から見れば、いずれはその権利により代金が支払われると期待できるのですから、担保になり得るわけです。これにより、代金を支払ってもらうよりも前に資金を融通することが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *