売掛債権担保融資の特徴について

売掛債権担保融資は資金調達の方法の一つで、売掛債権を担保として融資を受けるものです。

銀行や貸し金業者がこの融資を行っており、利用するのは事業者です。債権譲渡登記を行いますが、あくまで譲渡担保の扱いなので借りる側と売掛先との取引や支払いは通常通り行われます。

債権譲渡登記をしても取引先には通知が行われないため、借りていることがばれにくいという点がメリットです。利息の上限は法律で決められていて、100万円を超える場合は最大15%までに設定されています。

もし借りている企業の返済が滞った場合は、債権譲渡登記をしているため、銀行や貸し金業者は抵当権の実行のように所有権が企業側に移転することとなります。そうなった後は、貸している側が債権者となるため、回収は直接売掛先から行うようになります。

ファクタリングとふりかけ売掛債権担保融資は似ていますが、ファクタリングと異なるのは譲渡通知がいらないという点です。通知があると資金繰りが悪化していると思われてしまって取引を停止されることもありますが、通知がないので信用を低下させずに資金調達をすることができます。

企業が資金を借りるのにはビジネスローンがあります。それと比較すると売掛債権担保融資は金利が低いです。これは、売掛債権が担保になっているので、回収不能のリスクが小さくなるからです。ビジネスローンは無担保のものであると回収が不能になるリスクがあるため、金利は高めに設定されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *