担保融資は金利が低めなどの特徴があります

最近はキャッシングを利用される人が増えていますが、キャッシングにはカードローンやフリーローンなどの個人向けローン商品が用意されています。

一見、この2つは似たようなローン商品などのイメージを受ける人も多いかと思われますが、フリーローンは申し込みに対して融資を受けられるのは1度だけ、カードローンは返済することで、何度でも融資を受けられる、しかもその都度申し込みが要らないメリットを持っています。

フリーローンは契約を交わすことでまとまった現金を借入することになり、同時に返済が始まりますが、カードローンは契約を結んだ状態のままで、お金をATMで引き出さない限り返済は不要などの違いがあります。2つのローンの共通点と言うと無担保で融資を受けること出来る点ですが、担保融資は無担保融資よりも金利が低く抑えられているのが特徴です。

担保融資には不動産担保ローンやビジネスローン、住宅ローンなど色々な種類がありますが、担保価値に応じて融資額が決まるのも特徴と言えましょう。但し、住宅ローンの場合は担保融資と言っても、ものを差し出すわけでなく、ローンを組んで購入した土地や建物の抵当権を設定すると言う特殊な方法になります。

マイホームを購入すると自分の持ち物と考える人が多いのですが、これは住宅ローンをすべて返し終えた後に、抵当権を解除した時に初めて自分だけの所有物になります。抵当権が設定されている間は、住宅ローンの貸付先にも権利があることを覚えておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *