担保融資のメリットとデメリットとは

担保融資のメリットは、担保がない場合に比べて圧倒的に借り入れできる金額が多くなることです。

また無担保の場合、信用情報に小さな傷があると審査が通らないこともありますが、担保融資であれば多少の信用情報の後ろ暗い点については審査に影響はないことが多いです。また担保がないとき、借り入れをするときはバックに信用保証会社がつくことが多いです。

そのため借り入れ金利には通常の金利に加えて信用保証料がいくらか上乗せされるのです。担保をつけた融資の申し込みをした場合、万が一返済ができなくなってもその担保で債務の一部もしくは全部を支払うことが可能です。そのため、担保がつかない融資に比べて低い金利でお金を借りることが可能。

一方で担保融資の最大のデメリットは、借り入れするまでに比較的時間がかかることが考えられます。通常、無担保での借り入れのときは前述の信用保証会社と貸し手の審査に通ればお終い。しかし担保つきの融資の場合、担保に入れるものの価値や物によっては質権を設定するため時間を要することも。

また、担保に入れる物が土地や建物のときは司法書士などを通して質権を設定する可能性もあります。そのため、時間だけでなくお金も余計にかかってしまうこともあります。貸し手によって担保として認められるものは様々です。銀行などの金融機関の場合、預けている定期預金を担保に入れられることもあるので、自身の財産の中でどれが1番良いかよく検討して申し込みをしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *