担保融資を利用するにあたっての注意

世の中には担保となるような資産は様々なものがあります。

身近なものでいえば不動産や、証券、売掛債権や手形、小切手などです。カードローンのように無為担保融資を受けることができる金融商品もありますが、無担保融資ではモノは担保として設定はされませんが、申込者や連帯保証人に「信用」が担保とされています。そのため信用がない人はローンを組むことはできません。

担保融資では申込者の信用にプラスして担保として入れる資産の価値が加わるため、無担保融資と比較しても低金利で高額な融資をしてもらいやすくなります。しかし支払いができなくなってしまうと、担保として入れている資産は金融機関に差し押さえられてしまうことになるため、将来支払いができないような借り入れに担保を設定することは非常に危険です。自宅を担保にしてお金を借りた場合、最悪マイホームを手放して出ていかなくてはなりません。

手数料が多くかかってしまうこともあるため、借入額が多ければ多いほど手数料が高額になることがある点も注意しましょう。また、不動産のように資産価値が変動するようなものの場合、担保の価値が下がってしまうリスクも考えておく必要があります。

想定以上に価値が下がってしまうと、追加で別の担保を求められてしまうこともありますし、建物の場合は経年劣化によって資産価値は確実に減少していきます。特に長期間借り入れをするときには将来の計画もしっかりと立てておくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *