介護給付金とファクタリングのしくみ

現行の介護保険制度のなかでは、高齢者にサービスを提供した事業者は、そのサービスの公費負担部分、いわゆる介護給付金を、国民健康保険団体連合会に対して、毎月請求することになっています。

介護ファクタリングは介護給付金の早期現金化を実現

ファクタリングは、介護業界でも浸透してきているサービスで「介護ファクタリング」は通常、介護保険事業者が、国民健康保険団体(国保連)へ介護給付金の請求をしてから、実際に介護給付金が入金されるまでに約45日間かかってしまいます。

介護給付金とファクタリング(早期資金化)

ファクタリング(早期資金化)とは、介護事業者がファクタリングサービスを手がける会社を通じて、国保連(国民健康保険団体連合会)からの介護給付金の支給を待たずに現金化し、前払いしてくれるサービスのことです。