売掛債権担保融資はスピードがポイント

事業経営において資金繰りは利益を出すことにおとらず大切なことです。

景気の動向や企業を取り巻く環境によって、時には赤字になってしまったとしてもお金があれば事業は続けられますが、どんなに利益が出ていてもお金が尽きたらそこで強制退場になってしまいます。利益が出ていればお金が無くなる心配などないと思いがちですが、売上を伸ばすには仕入れを増やしたり、物の販売でないいサービス業だとしても人件費が増えるなど、お金は入ってくるよりも出ていく方が先行します。

ことに売上の成長を図るには企業間の売掛取引やクレジットカードなど、決済手段の充実が効果的ですが、売り上げてから入金までの期間が延びれば延びるほど資金調達が課題になります。そこで、売掛債権担保融資で将来の入金予定を今の資金に代えて流動化するのが効果的です。売掛債権には手形と売掛金があるので、銀行の手形割引も売掛債権担保融資の一種ですが、一般的に売掛債権担保融資といった場合にはファクタリングのように、手形ではなく売掛金そのものを担保にした資金調達を言います。

いずれにしても、事業用資産の中で棚卸資産や固定資産を圧縮し、いかに流動性が高い資金を確保するかが資金繰りのポイントです。売掛債権担保融資を利用する場合は、申し込みから実行までのタイムラグが大きいと資金需要に間に合わなくなってしまうので、必要な資金を短期間に調達できる業者を選んでおくことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *