急な資金繰りで困ったら売掛債権担保融資

基本的に売掛債権担保融資というのはいわゆる売掛金を担保にして金融機関からお金を借りることです。

自社と売掛先において予定の売掛金を担保にしてしていますが、その取り扱いに関しては通常通りおこなうというのが原則で、お金を借りて返済している間に、売掛先との取引をやめたりまったく別に譲渡することは当然できませんし契約違反となります。もし、売掛債権担保融資によって借りたお金が返済できなくなると、売掛先への債権譲渡の通知がなされ、売掛金から回収されることになります。

売掛債権担保融資はきちんとした金融取引ですので、その資格を持つ金融機関がおこなうことになりますし、利息に関しても上限が決まっています。担保融資という点では不動産担保融資に近く、売掛債権担保融資のほうが若干利率が高くなるケースが多いようです。売掛金の場合には担保としての信用度が大切になりますので売掛先と自社との取引などがしっかり調査されます。

この調査において、できれば複数の売掛先を要しているほうが審査に通りやすく信頼度が高いと評価されます。極端な例ですが大企業一社との取引だけよりも中小企業との取引が複数ある方が信用度が上がるというわけです。また中には赤字決算や売り上げの減少傾向、税金などの滞納も調べる場合もあるようですが、これはどの金融機関を利用するかによって多少違ってきます。この売掛債権担保融資は急に資金が必要になった場合には非常に便利は方法ですので、ひとつの資金調達手段として考えておくのもよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *