ファクタリングがおすすめできる理由とは

ファクタリングには2社間契約と3社間契約という2種類の方法が存在します。

売掛債権を効率的に現金化するためには、両者の違いを把握することが大切です。一般的な商取引では商品やサービスが提供され、売掛債権が発生します。顧客は支払い期日に入金することになります。期日までには商品やサービスの提供から1か月から2か月ほどの間隔があるのが通常です。ファクタリングの中でも3社間契約は比較的少ない手数料で売掛債権を現金化することができます。コストを抑えたい場合におすすめの方法です。この方法では業者と企業、顧客の3社が当事者となります。

3社間契約の流れとしては、まず商品やサービスが提供され売掛債権が発生します。企業が業者に手数料を支払って売掛債権を譲渡し、買取金額が支払われます。売掛先である顧客は支払い期日に業者へ売掛金を支払います。3社間契約では債権譲渡について顧客への通知が行われます。売掛先から同意を得なければならないため、企業の経営状態について知られることになります。顧客に知られずに売掛債権を現金化したい場合には2社間契約がおすすめです。

2社間契約では顧客が企業に売掛金を支払い、さらに業者に対して支払います。そのため業者のリスクが大きく手数料は高額に設定されるのが通常です。3社間契約の手数料は一般的に譲渡する売掛債権額の5%から10%ほどですが、2社間契約の場合は10%から40%とされています。ファクタリングは早期に資金調達をしたい場合におすすめの方法です。3社間契約と2社間契約で異なるメリットがあるので、状況に応じて最適な方を選ぶとよいでしょう。
ファクタリングのおすすめのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *