ファクタリングのおすすめ利用法

売掛債権を売却して当座の資金を調達するファクタリングは、使い方によってはとても重宝しますが、多くの利用者は上手く活用しきれておらず損をしていることも少なくありません。

損をしてしまう原因は、多くの場合無知と焦りにあるようです。ファクタリングを使って資金調達を考えている人は、資金がショートするのが目前に迫っているというような切迫した状況にある場合が多く、「とにかくどこでもいいからお金を授けてくれ」というような心理状態になっていることがよくあります。

このような焦った状態では、冷静でまともな判断など下せるわけもなく、業者側にも足元を見られてしまし、結局高い手数料で売掛債権を売却しなければならなくなったりします。賢く利用するためには、まずは深呼吸でもしてリラックスし、頭を冷やすのがおすすめです。そして、複数のファクタリング会社に買取額の見積もりを出してもらいましょう。ファクタリング会社と一口にいっても実はいろいろあり、手数料などはそれぞれの業者ごとに違います。ですから、複数の業者に見積もりをお願いして情報を収集・分析することで、資金調達コストを下げることができるかもしれません。

また、業者が提示してきた額は、そのまま従うのではなく、もう少し下げることができないかど交渉してみるのもおすすめです。ただ、初回からグイグイ手数料交渉をするのは、あまりおすすめではありません。初回の融資では、業者側は半分疑いの目でみているので、交渉に応じてくれないことも多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *