医療機関こそファクタリングをおすすめします!

ファクタリングを利用して資金を調達し、新たな事業を起こしたり、新商品の開発費に使ったりと様々な使い方をする企業などが多いですが、このファクタリングは医療機関にこそおすすめ出来る資金の調達法であるという事をご存知でしょうか。

医療ファクタリングと言われるこの方法は、通常の会社が売掛債権を担保に入れるのと同じように、診療報酬やレセプト債などを担保として資金を調達する方法になります。現在では、医療機関などからのニーズが高いという事や、政府がファクタリングを推奨しているなどの要因が重なり、この方法のサービスを提供している会社も増えつつあります。

このように医療機関にこの資金調達法をおすすめしたい理由には、他の業界には無いようなメリットがあるためです。まず、日本の医療制度がこの資金調達法にとても親和性が高いという点が挙げられます。日本の医療制度では、医療機関を利用した場合、診療にかかった評価用の一部を国、もしくは自治体などの公的な所が負担する仕組みになります。この公的な機関がかかわっているという信頼感は、ファクタリング会社から見て非常に魅力的です。

債権の回収が出来ずに資金の焦げ付きの心配が非常に少ないという安心感は、他では得られることが出来ない安心感です。そうなると審査もスピーディーに進むことが多く、すぐにまとまった資金が債権のほぼ満額を手に入れられるという可能性が高いのがおすすめしたい最大のポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *