おすすめのファクタリングの種類について

ファクタリングとは売掛債権を支払い期日前に売却して資金調達する手段のことです。

企業と業者の2社間で行われる場合と、売掛先を含む3社間で行われる場合があります。2社間や3社間で行われる取引は、一般的に買取ファクタリングと呼ばれます。最短の場合には即日で売掛債権を現金化することができます。急いで資金調達をしたい場合におすすめの方法です。一般的に売掛債権は支払い期日までに1か月から2か月ほどの間隔があります。早く資金を調達しなければならない中小企業や個人事業主などにとって、ファクタリングは非常に便利な方法です。

特に3社間での取引は比較的低額な手数料で行うことができます。コストを抑えて資金を調達したい場合におすすめです。売掛債権を譲渡して早期に現金化する方法には、他にも様々な種類があります。例えば病院や介護施設など医療機関の診療報酬債権を対象としたサービスも存在します。また売掛債権の売却ではなく保証を行うサービスもあります。さらに輸出先の海外企業からの支払いに対する保証も行われています。

一般的な売掛債権を2社間で売買する場合や診療報酬債権を譲渡する場合、手数料が多少高めに設定されるのが通常です。ただしいずれの場合も早期に資金調達を行うことができるだけでなく、キャッシュフローが改善されるというメリットがあります。保有している債権や経営状況を考慮して、最適なサービスを選ぶことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *