ファクタリングをおすすめしたいケースとは

事業ローンで資金を調達できる状態にあるなら、ローンを利用するのが確実でしょう。

ローンを利用することが困難、もしくは金融トラブルを起こして信用情報に問題がある場合は、ファクタリングをおすすめします。ファクタリングをおすすめしたいのはキャッシュフローを健全化したい会社で、中小企業や個人事業主が対象となります。最近はサラリーマンに対応した商品も登場しており、売掛金ではなく給料を担保にしてお金を借りることが可能です。

ファクタリングをおすすめしたいケースには、緊急で資金調達をしたい場合も挙げられます。資金調達に時間がかかってしまう状態にある人は、ローンよりもファクタリングをおすすめします。キャッシングなどは即日で借りられることが多いですが、事業ローンだと数週間はかかるのが普通です。融資まで4~5週間以上もかかるローンだと、間に合わないことが少なくありません。資金力が不安定になっている場合は、緊急で資金を調達したいと考えるはずですから、スピーディーに調達できる方法を選びましょう。

ファクタリングをおすすめする理由は数多くあり、担保と保証人が不要なこともあります。これらを用意できないと契約できない事業ローンがありますので、こうした人はローン以外の方法を選択する必要があります。キャッシングなどは担保・保証人が必要ないメリットがありますが、金利は高く設定されていますし、信用情報に傷があると使えないのが問題です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *